お知らせ・新着情報個人情報保護方針サイトマップ

中建国保
(中央建設国民健康保険組合大分県支部)

人気ランキング1位 中建国保)労働保険退職金共済
大分建労のテレビCMはこちら
大分建労のテレビCMはこちら
大分建労ラジオCMのご案内
職人検索はこちら
職人登録はこちら
顔の見える職人検索登録はこちら
全建総連リフォーム協会
携帯会員募集!! 携帯サイトはこちら
職人さんドットコム
 
 どんな大病・長期入院にも安心!!

手続き                         ※手続きは簡単です

 

加入対象

 ① 一人親方 
 ② 個人事業所の事業主 
 ③ 従業員が5人未満の個人事業所の従業員
 ※法人事業所の事業主と従業員および従業員が5人以上の個人事業所の従業員は加入できません。

加入に必要なもの

 □ 世帯全員の住民票(本籍、続柄、筆頭者等記載のもの)  
 □ 個人番号を確認する書類
 □ 現在加入の保険証
 □ 印 鑑  
 □ 建設業であることを証明できる書類 
 □ 預金通帳など  
 □ 労災確認など(必要に応じて)  
 □ 所得・課税証明書(70歳以上の被保険者がいる場合)
 ※毎月10日までに組合事務所で手続きが終われば、翌月1日から加入できます。
 ※土・日・祝祭日の場合は前日まで。 

給 付

払いもどし制度で本人の医療費負担は10,000円まで!●70歳未満の組合員が対象となります。
●加入した月から3ヶ月以内は対象外となります。
●手続きは不要です。(高額療養費に該当した場合は 必要となります)
●組合員の医療費自己負担分が1つの病院などで 1ヶ月(暦の上で1日?末日)10,000円を超えた ときは、超えた金額を償還金として支給します。
●1つの病院でも入院と退院は分けて計算します。  病気で仕事ができなくなったら、休業手当金が30歳以上の方の入院の場合1日6,000円の給付!(休業6日目より65日間/医師の証明が必要です)(休業6日目より65日間/医師の証明が必要です)最高39万円の
休業手当金!●加入してから90日以内は対象外となります。

主な中建国保独自の給付

 ◆ 休業手当金と出産手当金

種 別
休業手当金(組合員のみ)
出産手当金
(女性組合員のみ)
入 院
入院外
30



個人事業主
法人事業主
第1種
1日8,000円
1日4,000円  1日4,000円
一人親方
第2種
1日3,600円  1日3,600円
個人職人
法人職人
第3種
 1日3,200円 1日3,200円
25歳?29歳  第4種 1日8,000円
 1日2,800円 1日2,800円
20歳?24歳 第5種  1日2,400円  1日2,400円
19歳以下 第6種  1日2,000円 1日2,000円
  ●「傷病手当金「休業手当金」は、仕事以外での病気・ケガで労務不能と医師から認められた場合、
   連続5日以上の休業で1日目から、入院で最高40日・入院外で最高40日が支給されます。
  ●「出産手当金」は、女子組合員が加入してから180日経ち、出産で休んだ場合で、出産前25日と
   出産後40日の計65日以内で支給されます。

 
 ◆
各種「補助金制度」
  ●インフルエンザ予防接種補助金は一人につき1回2,000円を年度中2回まで補助します。   
  ●指定保養施設の利用では一人につき年度中1回3,000円を補助します。  
  ●人間ドックの補助

   年度中に40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳の誕生日を迎える方が、
   特定健診にかえて、基本健診、胸部レントゲン撮影、がん検診を含む人間ドックを
   受診した時、人間ドックの費用額に応じて金額を費用負担。同一年度中に特定健診
   と人間ドックの両方を受けた場合、費用負担はどちらか1回のみ。
  人間ドックの費用額
補助額
人間ドックA 3万円以上4万円未満 15,000円
人間ドックB 4万円以上
20,000円
 

 ●肺炎球菌予防接種を受けた高齢者に2,000円を補助します。

 ※中建国保の組合員および家族被保険者が対象です。 
 ※保養施設で料金が発生しなかった方(乳児)などは補助の対象外となります。 
 ※肺炎球菌については市町村が実施する定期接種の対象者(年度中に65歳・70歳・75歳の誕生日を
  迎える方)が接種を受けた場合に限り補助の対象となります。

 ◆ 健康家庭祝金の支給

  前年度中に保険給付を受けておらず、組合員本人が健康診査を受診している世帯に支給。

 ◆ その他の給付

給付内容 給付金額
出産育児一時金 1児につき420,000円
葬 祭 費 組合員70,000円  家族50,000円
 
   ●在宅介護のために住宅改修をする時の補助
   施工者が中建国保の組合員で、自己負担額が超えた住宅改修費が生じた時に、
   10万円を限度に補助。 
   ※自己負担額には、介護保険からの支給額と市町村からの助成額を差引きます。

病院などにかかった場合の窓口負担

 
年  齢 本  人
家 族
小学生未満 --- 2割 
小学生~69歳 3割(払いもどし制度あり) 3割
70歳以上75歳未満 1割~3割
1割~3割
  ●「償還金」「払いもどし制度」は、70歳未満の組合員の保険診療の自己負担3割分が1つの病院で
   1ヵ月(暦の上で月の1日から末日迄)で17,500円を超えた額を後日(約4ヵ月後)給付します。
   ※入院と通院は別になります。
集団検診 詳しくはコチラ

保険料月額早見表(2019年度版)

保険料は所得に関係なく仕事の形態で決まります。
 3歳未満の乳幼児については徴収しません。

健康保険料(医療分+後期高齢者支援金分)の組合員本人

 区 分 法人第1種
第 1 種
第2種 法人第3種
第 3 種
第4種 第5種 第6種
30歳以上
の事業主
30歳以上
の一人親方
30歳以上
の職人
25?29歳 20?24歳 19歳以下
医療保険分
17,500円 14,900円 12,500円 9,000円 7,000円 5,000円
後期高齢者
支援金
4,100円 3,500円 3,200円 2,300円 2,200円 2,100円
合   計 21,600円
(年間259,200円)
18,400円
(年間220,800円)
15,700円
(年間188,400円)
11,300円
(年間135,600円)
  9,200円
(年間110,400円)
  7,100円
(年間85,200円)

健康保険料(医療分+後期高齢者支援金分)の組合員本人

 区 分 3歳未満 就学前家族
(3歳~6歳未満)
若年家族
(6歳~23歳未満)
成人家族
(23歳~70歳未満)
高齢家族
(70歳以上)
医療保険分
無料 2,500円 2,800円 2,900円 2,900円
後期高齢者
支援金
無料 1,700円 1,700円 1,700円 1,700円
合   計 無料 4,200円
(年間50,400円)
4,500円
(年間54,000円)
4,600円
(年間55,200円)
4,600円
(年間55,200円)
※同一世帯で3歳から74歳の家族のうち、6人目以降は徴収しません。
※保険料を徴収する家族の順位は①成人家族(23歳以上70歳未満)、②高齢家族(70歳以上)、
③若年家族(6歳以上23歳未満)、④就学前家族(3歳以上6歳未満)とします。

介護保険料(40歳以上65歳未満の組合員および家族)

介護保険2号
被保険者加算保険料
組 合 員
家族1人につき

法 人 第1種
第 1 種
第2種
法 人 第3種
第 3 種
月 額
3,700円
(年間44,400円)
3,100円
(年間37,200円)
2,600円
(年間31,200円)
2,200円
(年間26,400円)


月々のお支払いミュレーション 詳しくはコチラ